HOME>特集>数ある対処サービスの中からいくつかを選んでおく

専門家への依頼が必要

修理

給湯器が故障した時のために、まずは専門家でなければほとんど対処できないということを覚えておきましょう。電気とガスのどちらでも、専門的な知識や技術だけでなく、複数の資格が必要になる場合が多いです。そして初期不良から周囲の環境との相性が原因となる場合までも含めると、給湯器はいつ故障してもおかしくありません。なるべく早く対処した方が良いので、特に問題が発生していない段階から、万が一のために連絡する先を決めておくと良いでしょう。

依頼先を選ぶ基準

給湯器が故障した時の対処は、メーカー以外でも数多くの会社が行なっています。それぞれ対応スピードや費用が異なるため、技術力など最低限のサービス内容を条件にしながら、より安く近いところを選んでおくと良いでしょう。

急な出費に備えておく

給湯器が故障した時の連絡は大抵が電話やメールで済み、その後に実際にどのような状態なのかを専門家の目で確認した上で料金が提示されます。基本的に修理あるいは交換のどちらかで、作業料以外にそれぞれ交換する部品や新品の給湯器代を加えたものが料金になります。いずれの場合でも少なくとも1万円はかかり、給湯器が使用できない状況は長続きできません。そのため費用面で急な出費になりかねないので、もしもの時のために余裕を持たせておいた方が良いでしょう。

広告募集中